MY FAVORITE & RECOMMENDATION

映画、コミック、本から、お薦めものをピックアップ!

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# アニメ映画『劇場版 薄桜鬼 第二章 士魂蒼穹』は怒濤の展開に涙が追いつかない!
JUGEMテーマ:映画


 『劇場版 薄桜鬼 第二章 士魂蒼穹』の試写会に行ってきました。
 壮絶で美麗! 藤澤経清氏が原案者の立場で「『薄桜鬼』シリーズに、ゲームやTVアニメとはまた違う、劇場版第一章・第二章という新たな物語が加わった」とおっしゃっていましたが、『碧血録』をご存知の方も驚きの連続になると思います。
 特に斎藤が目にすることになった光景の悲哀は、今思い出しても胸が締め付けられます。

 一方で、婚活鬼をこじらせたらしいちー様が面白い動きをしてくれるので、妙に和んだり(笑)。
 土方さんも相変わらずちょいちょいかわいいv 今回のポイントは「茶店で待て」あたりの表情でしょうか。
 そして、不知火、いい奴(泣)。

 戊辰戦争を知らずとも物語は充分理解できますが、シーンシーンの裏事情を知りたいと思われましたら、劇場販売のパンフレットに簡単な説明を掲載しています(宣伝)。
 3月8日、スクリーンを鮮烈に駆け抜ける土方、沖田、斎藤、藤堂、原田をぜひ目撃してください!

 『劇場版 薄桜鬼』サイト:http://www.nbcuni.co.jp/rondorobe/anime/hakuoki/
 『劇場版 薄桜鬼 第二章 士魂蒼穹』映画オリジナル予告編 :http://www.youtube.com/watch?v=I84MhlIOwZ8

 
| comments(0) | trackbacks(0) | 01:36 | category: Animation |
# 噛み合った歯車のごときミステリー 映画『鑑定士と顔のない依頼人』
JUGEMテーマ:映画


 『鑑定士と顔のない依頼人』は、『ニュー・シネマ・パラダイス』『海の上のピアニスト』などで知られるジュゼッペ・トルナトーレの監督・脚本作品です。

 絵画はもちろん古家具・骨董品まで網羅する、確かな見識で誉れ高い鑑定士であり、名オークショ二ア(競売人)のヴァージル・オールドマン。彼が受けた、若い女性からの屋敷の鑑定依頼の電話がすべての始まりだった。
 やり取りはすべて電話で、決して姿を現さない依頼人。気まぐれな彼女に怒りを募らせるオールドマンだが、やがて「彼女の姿を見たい」という欲求に抗しきれなくなる。
 Virgil Oldmanという名が皮肉なほど、絵に描かれた女性をコレクションすることに悦びを覚え、生身の愛を知らずにきた彼が、娘ほども歳の離れた27歳の女性に惹き込まれてしまう。さて、その愛の行方は……。

 登場するオートマタ(機械人形)を動かす歯車の噛み合せのように、周到に計算されて組み上げられていく物語。ラストに映るプラハにあるという店内が歯車だらけのカフェ「ナイト&デイ」がすべてを表している気がします。
 彼を取り巻く人物たちのセリフを思い返せば、映像で描かれた叙述トリックと言ってもいいかもしれません。「あのとき、ああ言ったでしょ」的な。特にビリーとの会話は心に留めておくといいかも。

 この映画で圧巻なのはストーリーテリングですが、ヴァージルが集めた美女画コレクションがまたすごいのです! ルノアール、ゴヤ、モディリアニ、ロセッティ、ティツィアーノ……観たことがある名画ばかりが四方の壁を埋め尽くしているのですから、呆気にとられてしまいます。
 あと、依頼人が鑑定に出した屋敷も、5つの都市にある邸宅を合成したというだけに、美意識が行き届いた各部屋の装飾は溜息ものです。


 『鑑定士と顔のない依頼人』:http://kanteishi.gaga.ne.jp/


いろいろな意味で唖然呆然としたあとはヴァージルと記念撮影など(写真は新宿武蔵野館)。


 
| comments(0) | trackbacks(0) | 13:05 | category: Movie |
# ドラマCD『百器徒然袋』雨3巻+風3巻を聴いてみた!
JUGEMテーマ:漫画/アニメ
JUGEMテーマ:読書




 昨年12月15日に届いたドラマCD『百器徒然袋』雨3巻+風3巻と特典キャストトークCD3種(CDの色が金・銀・銅色ってメダルですか!?)。昨夜、ようやく「まずは1巻を聞いてみようか」と聞き出したら、止まらずに一気に全巻聞き通してしまいました。いや、面白かった!

 京極堂も榎木津も実写映画やアニメでの声が記憶に残ってはいたのですが、小野大輔さんの榎木津も津田健次郎さんの京極堂もハマってました! 志水アキ先生のマンガ版を思えば、本当にあの絵柄に合った榎木津であり、京極堂であり。神谷浩史さんの益田も阪口大助さんの和寅もステキ演技でイイv
 驚いたのは上田燿司さんの待古庵と梶裕貴さんの関口先生。待古庵の話し方が想像の斜め上で、「でも、“らしい”」と大変納得。関口先生は、キャストリストを見ないまま聞いていたので「梶さんの声がする!?」とびっくり。若い声の関口先生もいいなあと思いましたv
 三宅健太さんの木場修太郎も含め、アクの強いキャラクターを濃く、でもそれが自然であるよう演じる、キャスト諸氏の極上の芝居を堪能できます。

 そして「僕」の細谷佳正さん。「僕」は榎木津や京極堂に振り回される、メインキャラで唯一の“一般人”であるわけですが、「細谷さん、素じゃないですか!?」と思うほど自然でした。
 もちろん、元は京極夏彦先生の小説ですからセリフは長めで難しめだし、「僕」はセリフとモノローグの差もつけなくてはならない、さらにツッコミ役でもあるので、シナリオを読むだけでも大変だったのではと拝察するわけです。ヘタすると単なるナレーターになりかねないところ、きちんとキャラクターのある「僕」になっていて、彼のオドオドキョトキョトツッコミサトリを面白く追うことができました。

 図らずも全巻を一気聴きしたことで、第1巻では物語にもキャスト諸氏の声にも硬さを感じたのが、巻を重ねるにつれてだんだん解れていき、最終巻ではもう皆さんノリノリになってるのがわかりましたしね。悪ふざけ極まる場面では、皆さんの心底楽しそうな声色に笑ってしまいました。
 そして最終巻ラストの榎木津の手紙と「僕」の反応に落涙しそうに……。

 特典キャストトークで、細谷さんも小野さんも神谷さんも津田さんも「僕らが楽しく演じていることが伝わればいい」とおっしゃっていましたが、伝わりましたよ。
 「このドラマCDは大変にいいものなのですv」
 続編を期待したいので、京極先生、早く続きをお願いします!


 ドラマCD『百器徒然袋』サイト:http://www.korder.com/pickup.asp?html=index.html&path=kyogoku

 
| comments(0) | trackbacks(0) | 22:45 | category: DramaCD |
# アニメショートフィルム『寫眞館』&『陽なたのアオシグレ』でアニメ表現の無限の可能性を見る!
JUGEMテーマ:映画


 アニメショートフィルム『寫眞館/陽なたのアオシグレ』が京都と東京で上映中。アニメのさまざまな表現から存在意義まで考えさせてくれる2本です。

 『陽なたのアオシグレ』は気になる女の子に告白できない男子小学生の妄想が炸裂。かわいいけど、突拍子もない、カラフルでポップなイマジネーションの世界。ただ、少年の想いが一途に過ぎて、ちょっと怖いかも(笑)。
 特に鳥好きのアニメ好きさんにお薦め! わっさわっさ出てきますよ、わっさわっさ。『ニルスのふしぎな旅』さながら男子小学生、白鳥に乗って飛びます! ハシビロコウさんがじっと立っています! 鳥と一緒に列車も飛びます! 目眩がしそうな動きは必見です!

 『寫眞館』は写真館の店主と、そこで写真を撮った新婚夫婦と彼らの笑わない娘との交流を淡々と描いていきます。時代が移ろっていくのが大きな味わいです。
 じんわり感動したい方にはこちらがお薦め! セピアがかった色合いの、細密画の絵本みたいな映像が印象的。声のない世界で他愛ない人間ドラマが紡がれていく一方、背景の街並は明治・大正・昭和にかけて劇的に変貌していきます。その対比に熱くこみ上げてくるものを感じました。
 あたたかくもわずかにちくっと刺さるような余韻が残る、「観てよかった!」と思える作品です。


『陽なたのアオシグレ』サイト:http://www.shashinkan-aoshigure.com/aoshigure/
『寫眞館』サイト:http://www.shashinkan-aoshigure.com/shashinkan/

 
| comments(0) | trackbacks(0) | 02:00 | category: Animation |
# マジックによる華麗にすぎる完全犯罪! 映画『グランド・イリュージョン』
JUGEMテーマ:映画


 これは途方もないマジックの物語。ハリウッドのショー舞台にいながら、パリ9区にある銀行の金庫から320万ユーロの紙幣を消失させ、客席に紙吹雪のように降らせる。ニューオリンズの舞台では、災害被害者に保険金を払わなかった保険会社のオーナーの銀行口座から客席にいる災害被害者たちの口座へ1億4000万ドルもの大金が移される。そして、ニューヨークで狙うのは隠し金庫に眠る5億ドル。

 インターポールとFBIが追う彼らは、テーブルマジックの達人・アトラス、かつてTVの人気者だったメンタリスト・メリット、華麗なる脱出マジックのアーティストで紅一点のヘンリー、相手の持ち物を盗むビッグポケットやピッキングが得意なジャックの4人のチーム“フォー・ホースメン”。
 彗星のように現れた希代のイリュージョニストたちの目的は、実は金ではなかった。彼らの真の目的は? 彼らを集めて指示を送った5人目の存在とは? その人物の目的とは?

 あの手この手で観客の裏をかこうとしてくる、この映画そのものがイリュージョン。彼らに翻弄されるFBI捜査官のローズや、マジックのタネを解き明かして公表することでマジシャンたちの息の根を止めてきたブラッドリー(モーガン・フリーマン)らの“役者”っぷりも見どころです。

 監修者にDaiGoの名前があったので、何事かと思ったら、メンタリストのメリットが大活躍するからなのね。メンタリスト、去年あたりからよく聞く単語ですが、心理を操るようなマジックは本当に驚異に感じます。


 『グランド・イリュージョン』サイト:http://www.grandillusion.jp/


<追記>
 3月20日発売の『グランド・イリュージョン』DVD&Blu-rayの、ジャック(デイヴ・フランコ)の吹き替えが細谷佳正さん!
 この作品はまさにイリュージョンな方法で巨額の金を奪う4人のイリュージョニスト“フォー・ホースメン”とそれに対抗する2人の捜査官、そしてトリックのネタを暴いてはマジシャンを破滅させてきた人物の物語。

 ジャックは“フォー・ホースメン”の1人で、他人のポケットから物をスリ取ったり、カードを出したり消したりするスライハンドの天才。ピッキングも得意です。軽妙なキャラで、物語の最初から最後まで結構かき回してくれるので、細谷さんのお芝居も楽しみです。

 通常のDVDとBlu-rayのほか、“フォー・ホースメン”のその後を描く「アナザー・エンディング」など約10分のシーンが追加されたエクステンデッド・エディションもあるとか。つまりエクステンデッド・エディションが完全版ってこと!? それは観てみたいですね。

 
| comments(0) | trackbacks(0) | 06:50 | category: Movie |
# 『聖剣の刀鍛冶』16巻は、読みたかった「ヴァルヴァニル戦」後日譚
JUGEMテーマ:読書


 『聖剣の刀鍛冶』16巻(三浦勇雄/MF文庫)読了。15巻が出た時、「最終巻」となっていたので、「終わってしまったかあ」の感慨と共に物足りなさを感じたんですよね。聖剣を鍛え上げ、ヴァルヴァニルに挑むまでが長かったので、「え、これで終わり!?」って。なんか余韻が足りないというか。

 そうしたら16巻ですよ! 8月に発売されたのに、気づいたの最近ですよ!
 読後、三浦先生が16巻を書いてくださってよかったと思いました。ヴァルヴァニル戦後の見たかった光景、知りたかったことがすべて描かれていて、長くつき合ってきたキャラクターたちの人生を最後まで見届けることができました。余韻そのものでした。

 ライトノベルで登場人物の人生の最初から最後までが書かれるって、なかなか珍しいのではと思います。読み返せば、常に「死」がまとわりついていた作品でしたが、その死が未来へつながるものとして描かれて終わったのは本当によかった。読み続けたかいがありました。

 『聖剣の刀鍛冶』との出会いは、2010年2月に出たアニメ版の『聖剣の刀鍛冶 公式コンプリートブック』のカバー&ポスターに入れる英文リードを頼まれたことです。アニメに登場するセリフを翻訳するだけ。でも作品の内容がわからないとできないんです。
 たとえば「光と影」を英訳する場合、「light & shadow」か「brightness & darkness」か「legality & illegality」か、どのあたりのニュアンスが合っているのかはアニメを観てみないとわかりません。さらに不明な点も出てきて、原作小説に当たることになり、1巻を読むやいなや、どっぷりハマってしまったのでした。

 それから4年のつき合い。途中、若干中だるみを感じましたが、でもどれも捨てられないエピソードだったんだなあと16巻を読み終えて思います。
 ラノベで新刊を追っているのは「封殺鬼」シリーズとこれだけだったので、ひとつが完結してホッとしたような寂しいような……。

 
| comments(0) | trackbacks(0) | 02:50 | category: Novels |
# 映画『ブロークンシティ』は人間の普通サイズの変化を堅実に描く硬派なサスペンス作品
JUGEMテーマ:映画


 『ブロークン シティ』は派手より堅実を選んだ映画。
 一日一日を金にあくせくしながら暮らし、恋人の成功にもやもやする普通の男が、誇りと正義に目覚めていく。ただし、新たな能力や強力な武器を手に入れるのではなく、あくまで普通サイズで。
 その普通サイズの変化を、マーク・ウォールバーグが細やかな演技で見せてくれます。「ヒーローを探すな。ヒーローは自分の内にいる」という言葉のまさに具現。
 対するラッセル・クロウはなかなかイヤらしい演技。正義の役どころでもどこか含みのある表情をする方ですが、今回はそれがイヤらしく全開! 現職市長として出馬するニューヨーク市長選において手練手管を披露してくれます。

 きれいに事件が片付くところ、脚本は悪くないのですが、気になる箇所がちらほら。
 タガートが警察官を辞めて三流探偵になることになった7年前の発砲事件に恋人のナタリーが関わっているのですが、その真相がわかった時に彼女が絡まないとか。
 市長選対立候補のヴァリアントと彼の右腕のアンドリュースとの信頼関係を最初にしっかり描いてないから、タガートの罪悪感を揺り動かすには少々弱い動機になってないかとか。
 でもこれらはタガートに感情移入してしまったからこそ気になることかもしれません。

 アメリカの市長選挙の仕組みやいかにホモセクシャルについて過敏かなど、知ることも多い映画でした。
 『西部警察』より『特捜最前線』のほうが好みの方に向いてると思います。そして私は『特捜最前線』派(笑)。

 
| comments(0) | trackbacks(0) | 01:55 | category: Movie |
# 映画『スター・トレック イントゥ・ダークネス』は「新しくて、懐かしい」!
JUGEMテーマ:映画


 今夏の私的大本命『スター・トレック イントゥ・ダークネス』3D吹替版鑑賞。2、3年内に私が観た映画でベストと言ってもいい! もう最高!!
 最初から最後まで息をつかせぬ緊迫感あふれる展開。誰が味方で、誰が敵で、誰が言ってることが正しいのか。謎が謎を呼ぶうちに、自然にそこにあった個々の断片が次第につながっていき、全く違った様相を見せる、その驚きと快感!

 『パシフィック・リム』にさえ中だるみを感じたのに、この作品にたるみは一切なし。前作の『スター・トレック』とも段違いに演出がブラッシュアップされています。前作の、と書きましたが、前作を知らなくても全然大丈夫。もちろん、旧『スター・トレック』を知らなくても充分理解できますし、楽しめます。そのうえで、知っているとさらに楽しい。「こういう事情でクリンゴンとの戦いが始まったのね」と歴史の始まりを感じたり、『スター・トレックII カーンの逆襲』のあの涙のシーンの逆バージョンが見られたり。
 なにより旧『スター・トレック』における「ハリー・ポッター」シリーズのヴォルデモートみたいな「あの人」の登場で、いやが上にも緊張と興奮が高まります!

 さらにさらに旧『スター・トレック』ファンとしてうれしいのは、キャストが全員入れ替わっているにも関わらず、カークもスポックもマッコイもスコットもスールーもウフーラも、キャラクターがきちんと引き継がれていること。まだUSSエンタープライズで調査飛行に出かける前の彼らなので、それぞれが血気盛んで若気が至りまくってるのですが、後の面影がちゃんと見えるのです。
 「新しくて、懐かしい」とはこういうことを言うのでしょう。エンディングで「Space: the final frontier.」のセリフと共にテーマ曲がかかった瞬間、涙が出ました(『風立ちぬ』では泣かなかったのに!)。世の旧作をリメイクして新作を作ろうとしている方全員に、手本として見ていただきたいと思います。

 『イントゥ・ダークネス』の一番のポイントはやはりベネディクト・カンバーバッチの存在感。詭弁を弄し、頭が切れて、感情を出さず、戦闘能力はクリンゴン兵団を一人で倒すほど。最強の敵役はこうあってほしいという願望を体現しています。すごい役者さんが現れたな!
 スクリーンでの鑑賞を絶対推奨!


『スター・トレック イントゥ・ダークネス』サイト:http://www.startrek-movie.jp/index.php

 
| comments(0) | trackbacks(0) | 06:10 | category: Movie |
# アニメ映画『風立ちぬ』は、夢に向かって突き進む者に幸せな作品
JUGEMテーマ:映画


 北フランスの海辺の町オンフルールの通りを歩いていたおり、緩い坂を上がって角を曲がったとたん、強い海風に煽られました。その時、自分には体があるんだなって、風の妨げになる程度にはこの地上に存在してるんだなって感じました。この風を感じる私は今、生きているんだなという感触。だからヴァレリーの「海辺の墓地」の”Le vent se l&#232;ve!...Il faut tenter de vivre!”の感覚はわかる気がします。
 ちなみに通りの名はRue Baudelaire。なぜ『悪の華』の詩人ボードレールの名がついたのか? 探れば、彼のダメンズぶりが明らかに(笑)。

 『風立ちぬ』を鑑賞。現(うつつ)と夢を行ったり来たり。フェデリコ・フェリーニの『8 1/2』みたい。ドイツと日本の飛行機に、夢ではイタリアの飛行機まで。できるだけたくさんの飛行機をアニメーションで飛ばしまくりたいという宮崎駿監督の情熱を感じて、美しい飛行機を飛ばすことに夢中になる堀越二郎に通じてるなあと思いました。
 『風立ちぬ』、とても美しくて幸せな映画です。

 尊敬する師カプロー二が言う「設計士としての寿命は10年」を終えて、二郎は美しい飛行機を飛ばすことはできたものの、それは戦争の道具であり、飛べば落とされる運命にあるものでした。カプロー二が目指した人を空の旅に誘い、帰りくる飛行機は作れませんでした。自分が作った飛行機の「墓地」がとどのつまりで、設計士としての寿命を迎えた今はもう夢を見ることもないのです。
 その最後の夢に待っていたのは、最愛の人。彼女は言います、「生きて!」と。

 ……なんて幸せで、なんて美しい。宮崎監督が行き着かれたのはここなんですね。
 宮崎作品には『もののけ姫』のあたりから、物語は完結しているものの、「結局、あれってどういうことだったの?」という消化不良をそこここ感じていました。
 でも『風立ちぬ』では、二郎が里見やカストルプと歌う「ただ一度だけ」(大意は「夢なの、現実なの? この世に生まれてただ一度、この愛はただの夢かもしれない。明日には消え去っているかも。でも巡り会えたこの悦びは、人生でただ一度のすばらしい奇跡」)も、先述のヴァレリーの「海辺の墓地」の一文「風が立つ。生きることを試みなければならない」も、そして風も、すべてが物語に即して必要十分に機能していました。ジブリ映画でこんなにスッキリしたのは『耳をすませば』以来です。

 また、個人的に感動したのは、二郎や菜穂子、黒川夫人、服部、次郎の母らの佇まいの違いとその立ち姿の潔い美しさ。生前の祖母の佇まいや若い祖父の遺影を思い出しました。祖母や祖父の生きた時代の話なんですよね。
 祖母が好きだった堀辰雄の小説『風立ちぬ』が映像となってぐっと迫ってきて、その中に祖母や祖父が通りかかるようで、うれしくなる映画でもありました。今、この映画を観ることができて、よかったと心から思います。


『風立ちぬ』サイト:http://kazetachinu.jp/


 私は飛行機が大好きです。海外旅行の半分は飛行機に乗りたいから行くと自覚するくらいには(笑)。
 飛行機を扱った小説ではK.M. ペイトンの「フランバーズ屋敷の人びと」シリーズとディック・フランシスの『混戦』、コミックでは筒井百々子(元・日本アニメーションのアニメーターさん)の『空の上のアレン』と萩尾望都の『ゴールデンライラック』、映画では『華麗なるヒコーキ野郎』『レッド・バロン』(特に2008年のニコライ・ミュラーション監督作品)、『アメリア 永遠の翼』が好きです。
 特に『混戦』は第二次世界大戦の空軍パイロットだったフランシスが書いただけあり、操縦シーンに臨場感満点!

 
| comments(0) | trackbacks(0) | 01:20 | category: Animation |
# これはハーロックの「過去か未来か」 フル3DCG映画『キャプテンハーロック』
JUGEMテーマ:映画


 昨日、9月7日公開のフル3DCGアニメ『キャプテンハーロック』の2D版の試写会に行ってきました(以下、セリフ、登場声優さんは若干あやふやです)。
 映像の印象は『FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN』に似てます。キャラクターが全員、硬質に美しく、カッコいい。ヤッタラン副長さえ、イケメン化の波に呑まれてました(笑)。
 映像も設定もすごく凝っていて、物語も考えられていて、アクション的見せ場も多い(「最終兵器」がいくつあるんやと思うくらいに)。にも関わらず、興奮よりしんと静んだ気持ちになる作品でした。

 途中でヤマのことも地球のこともオチが読めるのですが、そのとおりに決着するのがいっそ潔いかな。
 ポイントは「ハーロックの『過去』ってそうだったんだ!?」って二重に思えること。冒頭の「過去か未来か」という言葉になるほど納得。意地悪く見るなら、「うまく逃げたな」(笑)。ハーロックのイソラへの「最初から最後まで地球を守ることを一貫していたのは君だ」という言葉がなかなかに重い。

 しかしダークマターとは便利なものですね。おかげでアルカディア号は幽霊船度大増量。海賊の名にふさわしい戦いっぷりを見せてくれます。

 ハーロック役の小栗旬、ヤマ役の三浦春馬の声も映像によく合ってました。ヤッタランの古田新太にいたってはノリノリ(笑)。
 サブキャラには森川智之、坂本真綾、沢城みゆき、また小林清志、大塚周夫、麦人、有本欽隆らベテラン勢が脇を固め、聞き応えがありました。

 全体的に「いいものを観た」という感想。「観るべきか?」と聞かれたら、「観たほうがいい」とお勧めします。


『キャプテンハーロック』サイト:http://harlock-movie.com/


<追記>
 本作品で惜しいと思うのは、ハーロックも「孤独な迷子」であるところ。TVアニメや『銀河鉄道999』での彼を知る者としては、本作のハーロックは「なにか違う」と感じてしまうんですよね。
 ハーロックこそ揺るがない存在でいてほしかった。その背中で仲間たちを惚れさせ、率いる姿をスクリーンで観たかったと思うのです。

 
| comments(0) | trackbacks(0) | 22:45 | category: Animation |
紹介作品の詳細は……
blog内の「画像」あるいは「作品タイトル」をクリックすると、Amazon.co.jpの作品紹介ページに飛びます。
Search this site
Categories
Profile
Recommend
煌 中嶋敦子画集
煌 中嶋敦子画集 (JUGEMレビュー »)
中嶋 敦子
目の覚めるような煌めきの世界が、この一冊に! 『艶』と同じくイラスト一点一点に中嶋氏のコメントつき。『トリニティ・ブラッド』『プリンセス・プリンセス』『逮捕しちゃうぞ』の3作品については、アニメ制作に携わられていたときのエピソードを含めたインタビュー記事も収録。ベテランアニメーターの、作品やキャラクターへのあふれる愛を感じてください。
Recommend
カズキヨネ画集 -斬華-
カズキヨネ画集 -斬華- (JUGEMレビュー »)
カズキ ヨネ
アイディアファクトリー制作の乙女ゲーム『緋色の欠片』『翡翠の雫 緋色の欠片2』などのキャラクターデザイナーであり、イラストレーターでもある、カズキヨネの初画集。華麗で、「萌え」のつまったイラストの一点一点をご堪能ください! 「狐祭り」、最高!! カズキ氏のイラストに対するコメントや、画業についてのインタビューも、ぜひ読んでくださいね。
Recommend
由良 ARTWORKS -LIGHT SIDE-
由良 ARTWORKS -LIGHT SIDE- (JUGEMレビュー »)
由良
『由良ARTWORKS -DARK SIDE-』の下巻。『DARK SIDE』はボーイズラブゲームでまとめましたが、『LIGHT SIDE』は乙女ゲーム『乙女的恋革命★ラブレボ!!』のイラストから男性向け美少女ゲーム、最近のボーイズラブ作品を少々、そして“幻の企画”まで、由良氏がさまざまなジャンルで描かれてきたイラストを網羅。もちろん、コメント付きです! さらに携わられたゲームについて、作品ごとにインタビュー。10時間インタビューの成果や、如何に!? それは本書でご確認ください。
描き下ろしイラストのステキな箱には、『DARK SIDE』『LIGHT SIDE』両方が収納できますv
Recommend
由良 ARTWORKS -DARK SIDE-
由良 ARTWORKS -DARK SIDE- (JUGEMレビュー »)
由良
『冤罪』『帝国千戦記』『絶対服従命令』などのボーイズラブゲーム、およびダイエット乙女ゲーム『乙女的恋革命★ラブレボ!!』のキャラクターデザイナー・原画家で知られる由良氏の初画集です。12月に発行予定の「LIGHT SIDE」と2分冊の上巻。
「DARK SIDE」は『冤罪』『帝国千戦記』『絶対服従命令』の厳選イラストを収録。各作品の最新描き下ろしイラストに、3作品の主人公をシャッフルした「この本だけの」描き下ろし口絵あり。
そのうえ、各イラストに由良氏のコメントありで、内容充実の1冊です!
Recommend
永久保存版 完全ボーイズラブゲームガイド
永久保存版 完全ボーイズラブゲームガイド (JUGEMレビュー »)

1999年の開発開始から、ボーイズラブ(BL)ゲームのすべてを網羅したガイドブック。特に一世を風靡した人気作品はカラーページでクローズアップ! 表紙はBLゲーム原画家である由良&たたなかなの合作描き下ろし。また由良&たたなかな対談や淵井鏑、ゆりの菜櫻のインタビューも収録。
「BLゲームってどんなジャンル?」「BLゲームってどんなタイトルがあるの?」という初心者向けのカタログムック本です。BLに興味のある女性はもちろん、男性の方で「知りたい」という方にもオススメ! ただし肌色多めなので、要注意。
Recommend
TALES いのまたむつみ画集
TALES いのまたむつみ画集 (JUGEMレビュー »)
いのまたむつみ
RPGとして不動の人気を保つ『テイルズ・オブ・デスティニー』『テイルズ・オブ・エターニア』『テイルズ・オブ・デスティニー2』のキャラクターデザインを務めたいのまたむつみの『テイルズ』イラストを網羅。見逃したイラストもきっとココにあるはず! キャラクター造型やイラストの描き方について、コメントやインタビューもバッチリ収録。紙や印刷にもこだわってます。時間をかけただけのクオリティを堪能してください。
Recommend
WOLF'S RAIN SEEKING
WOLF'S RAIN SEEKING "RAKUEN" 川元利浩画集 (JUGEMレビュー »)
川元 利浩
アニメ『WOLF'S RAIN』のキャラクターデザインを務めた川元利浩の初画集。カジュアル、レトロ、ヴェネチアンマスカレード、ネイティヴアメリカンと、さまざまなモードジャンルから組み立てられたキャラクターたち。もちろん、オオカミの造形も要チェック! 川元ファン必携の1冊!
Recommend
艶−中嶋敦子STYLE−
艶−中嶋敦子STYLE− (JUGEMレビュー »)
中嶋 敦子
「艶のあるキャラクター」といえば、今、注目の中嶋敦子! 『逮捕しちゃうぞ』『GetBackers -奪還屋-』ほか、『PEACE MAKER鐵』『王ドロボウJING』など、思わず目も心も奪われる美麗イラストが満載! インタビューや各イラストへのコメントから、そのスタイルを探る!
Recommend
指先にくちづけて―パラケルスス・パラミールム
指先にくちづけて―パラケルスス・パラミールム (JUGEMレビュー »)
伊藤 智砂
16世紀に実在した、稀代の錬金術師にして医学の革命児、パラケルスス(テオフラストゥス・ホーエンハイム)をモデルにした「BL(ボーイズラブ)小説」です。
パラケルススと、彼が作り出した小さなホムンクルス「ヘルメス」は流浪の旅を続ける相棒同士。スイスのバーゼルに立ち寄った彼らは、町の有力者にして出版王フロベニウスに出会います、そのときから、なんだか二人の関係がおかしくなってきて……。
異端視され、火炙りの危険にさらされながらも、ヘルメスを手放せないパラケルスス。そんなパラケルススを守りたいと思うヘルメスは、パラケルススの危機に絶体絶命の手段を取ります。
史実をご存知の方には、パラケルススの「ヘルメス信仰」ってそういうこと? と思っちゃえるかもしれません(笑)。
※ BL的な表現や描写がありますので、苦手な方はご遠慮ください。
Recommend
TVアニメーション鋼の錬金術師コンプリートストーリーサイド
TVアニメーション鋼の錬金術師コンプリートストーリーサイド (JUGEMレビュー »)
スクウェアエニックス
『鋼の錬金術師』アニメ全話を徹底解説! まさにコンプリートな1冊です。特にアニメの『鋼』世界の設定を考察した「『鋼の錬金術師』徹底研究レポート」は、ファン必読です。
Recommend
TVアニメーション 鋼の錬金術師 キャラコレ
TVアニメーション 鋼の錬金術師 キャラコレ (JUGEMレビュー »)
スクウェア・エニックス
アニメ版『鋼の錬金術師』に登場する80余名のキャラクターを一挙にご紹介。各キャラの名セリフや特別な人間関係などを、アニメのシーンもいっしょにピックアップしています。
「このキャラってどういう人物だっけ?」と思ったときに、手軽にチェックできる1冊です。
Recommend
魔探偵ロキRAGNAROK PERFECT GUIDEBOO
魔探偵ロキRAGNAROK PERFECT GUIDEBOO (JUGEMレビュー »)
木下 さくら
『魔探偵ロキ』『魔探偵ロキ RAGNAROK』の世界をキャラクターの魅力分析やストーリーダイジェストで完全ガイド。作品に対するこだわり部分やカラー画集にリンクしたイラストコメントなど、「作者の声」がたっぷりつまった1冊! 描き下しイラストに、学生になっちゃった『ロキ』メンバーのコミック、アニメ版スタッフや声優のコメントもありの「ぎっしり」ガイドブックです。
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Sponsored Links

 レンタル掲示板,レンタル日記,レンタルブログ「大宇宙」