MY FAVORITE & RECOMMENDATION

映画、コミック、本から、お薦めものをピックアップ!

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』は大スクリーンで! | main | カラヴァッジオ→レンブラントもいかがでしょう?……『レンブラントの夜警』 >>
# ディオニソス的画家カラヴァッジオに迫る映画……『カラヴァッジョ 天才画家の光と影』

 本日の『美の巨人たち』は、カラヴァッジオ(ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジオ)の「聖マタイの召命」でした。

 私はギリシア・ローマ神話に登場するディオニソス(バッカス/バッコス)神が好きです。酒神だからじゃないですよ(笑)。この神は、ゼウスと人間の娘セ メレとの間に生まれた「半神」で、炉の神ヘスティアに譲られて「オリンポス十二神」に加わりました。炉(家庭・保守)が酒(宴・酩酊・感情と感性の開放) に座を譲り、アポロン(理性)と同格の神となった過程がおもしろいと思うのです。
 ちなみに、アポロンは人生あるいは芸術において秩序・精神的存在・進化を、ディオニソスは渾沌・自己消滅・退行を表わすとされます。
 ゼウスの妻ヘラの嫉妬から発狂させられ、人間界を放浪していたディオニソスは、小アジア(アナトリア)の大地母神キュベレーに出会って狂気を癒され、 キュベレー祭祀の秘儀を授けられます。ディオニソスを「東方からの外来神」とする説もあり、彼の存在は古代ギリシアと小アジアの関係性を示唆すると言われ ています。
 さらに、ヘラの命令を受けたティターンに八つ裂きにされ、蘇った「復活神」という逸話もあり、「死」を通過儀礼(イニシエーション)として神格を得るという、“近代的”な成立過程を経た神とも考えられます。
 とにかく「オリンポス十二神」の中でおそらくいちばんエピソードが多い神であり、神でありながら自身の死、母の死、信者による敵対者の殺戮といった、 「死」をまとわりつかせている、不思議な存在。そして、その復活が人類誕生の契機になったという、オルフェウス教の神話の基ともなった「生」なる存在でも あります。
 ギリシア神話における、「神々の黄昏(ラグナロク)」のロキのようにも感じられて、昔から私の興味をそそってやまない神様なのです。

 そんなわけで、欧米の美術館でまず見入ってしまうのが、ディオニソスをテーマにした絵画・彫刻なんですね。髭面のオッサンから美青年、両性具有的な美少年までそろっておりますよ。
 なかでも印象的だったのが、カラヴァッジオの2作品。フィレンチェのウフィッツィ美術館にある「バッコス」と、ローマのボルゲーゼ美術館にある「病める少年バッコス」。
 「バッコス」は、顔がすごく東洋的というか、日本の飛鳥美人に似てるなあと思ったんですよね。豊かすぎる黒髪に黒葡萄、黒に近い赤ワインといった、黒のアクセントが効いた絵。観る者に差し出されているようなワイングラスに添えられた手の、小指がなんとも色っぽい。
 「病める少年バッコス」を観たときは、「これがディオニソス?」と驚きました。当時はカラヴァッジオの自画像とは知らなかったので、「ディオニソスをこ んなふうに病的に描いた絵は初めて見た。わざわざ変な絵を描く人だなあ」と、はっきり言って気持ち悪い絵だと思いました。
 後にカラヴァッジオの経歴を知り、なるほど自身をモデルにディオニソスを描いたのは、「自分はディオニソス的な画家だ」ということを表現したかったのかと納得しました。

 カラヴァッジオという画家について驚愕したのは、どんな大作でも、下絵もデッサンもなしに描き上げたということです。彼は、アトリエに友人たちや町で目に止まった人を呼んで、頭に描いたシーンのとおりに配置し、ポーズしてもらい、それを直接キャンバスに描いていったんですね。恐るべき空間把握力、画面構成力だなあと、「天才」としか呼べないなあと驚嘆しました。
 また、静物に見られる写実には目を見張るものがあり、特に葡萄の房を描かせたら、この人の右に出る者はいないだろうと思います。
 彼の絵は、よく言われるように、生きて動いている人間の一瞬を切り取ったようにしか見えません。それが、彼独特の光と影の効果でさらに劇的に見えるとい う……。非常な演劇的視点をもった人でもあり、それもまた、演劇を司る神ディオニソスと自身を重ねる理由になったのかもしれません。
 ディオニソス的というだけに、カラヴァッジオの人生には才能の開放と同時に酩酊と死がつきまとっています。39年の生涯で、彼がなにを起こしたのか──。
 端的に言えば、殺人者でありながら、イタリアの10万リラ紙幣にその肖像が採用された人。まさに「ナントカと天才は紙一重」の見本のような……。

 そのあたりを知りたいという方は、2月13日に銀座シアトルシネマで公開される映画『カラヴァッジョ 天才画家の光と影』をぜひご覧ください。
 大阪ではテアトル梅田、神戸ではシネ・リーブル神戸、京都では京都シネマ、福岡ではシネ・リーブル博多駅などで順次上映されます。その他の地域、および詳細は、以下のサイトからどうぞ。
 この映画は「カラヴァッジョ没後400周年記念公開」であると同時に、東京都美術館で開催中の「ボルゲーゼ美術館展」に連動しています。興味のある方は、そちらもどうぞ。

※ 冒頭の商品画像は、カラヴァッジオ関連書籍のものです。


「美の巨人たち」サイト
http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/

映画『カラヴァッジョ 天才画家の光と影』オフィシャルサイト
http://caravaggio.eiga.com/

「ボルゲーゼ美術館展 ラファエロ《一角獣を抱く貴婦人》」サイト
http://www.borghese2010.jp/

 カラヴァッジオの作品については、以下のサイトで見られます。
「Salvastyle.com」カラヴァッジョ
http://www.salvastyle.com/menu_baroque/caravaggio.html

「ヴァーチャル絵画館」カラヴァッジョ
http://www.ne.jp/asahi/art/dorian/C/Caravaggio/Caravaggio.htm


JUGEMテーマ:映画
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:58 | category: Movie |
# スポンサーサイト
| - | - | 23:58 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://zatsubundou.jugem.jp/trackback/94
トラックバック
紹介作品の詳細は……
blog内の「画像」あるいは「作品タイトル」をクリックすると、Amazon.co.jpの作品紹介ページに飛びます。
Search this site
Categories
Profile
Recommend
煌 中嶋敦子画集
煌 中嶋敦子画集 (JUGEMレビュー »)
中嶋 敦子
目の覚めるような煌めきの世界が、この一冊に! 『艶』と同じくイラスト一点一点に中嶋氏のコメントつき。『トリニティ・ブラッド』『プリンセス・プリンセス』『逮捕しちゃうぞ』の3作品については、アニメ制作に携わられていたときのエピソードを含めたインタビュー記事も収録。ベテランアニメーターの、作品やキャラクターへのあふれる愛を感じてください。
Recommend
カズキヨネ画集 -斬華-
カズキヨネ画集 -斬華- (JUGEMレビュー »)
カズキ ヨネ
アイディアファクトリー制作の乙女ゲーム『緋色の欠片』『翡翠の雫 緋色の欠片2』などのキャラクターデザイナーであり、イラストレーターでもある、カズキヨネの初画集。華麗で、「萌え」のつまったイラストの一点一点をご堪能ください! 「狐祭り」、最高!! カズキ氏のイラストに対するコメントや、画業についてのインタビューも、ぜひ読んでくださいね。
Recommend
由良 ARTWORKS -LIGHT SIDE-
由良 ARTWORKS -LIGHT SIDE- (JUGEMレビュー »)
由良
『由良ARTWORKS -DARK SIDE-』の下巻。『DARK SIDE』はボーイズラブゲームでまとめましたが、『LIGHT SIDE』は乙女ゲーム『乙女的恋革命★ラブレボ!!』のイラストから男性向け美少女ゲーム、最近のボーイズラブ作品を少々、そして“幻の企画”まで、由良氏がさまざまなジャンルで描かれてきたイラストを網羅。もちろん、コメント付きです! さらに携わられたゲームについて、作品ごとにインタビュー。10時間インタビューの成果や、如何に!? それは本書でご確認ください。
描き下ろしイラストのステキな箱には、『DARK SIDE』『LIGHT SIDE』両方が収納できますv
Recommend
由良 ARTWORKS -DARK SIDE-
由良 ARTWORKS -DARK SIDE- (JUGEMレビュー »)
由良
『冤罪』『帝国千戦記』『絶対服従命令』などのボーイズラブゲーム、およびダイエット乙女ゲーム『乙女的恋革命★ラブレボ!!』のキャラクターデザイナー・原画家で知られる由良氏の初画集です。12月に発行予定の「LIGHT SIDE」と2分冊の上巻。
「DARK SIDE」は『冤罪』『帝国千戦記』『絶対服従命令』の厳選イラストを収録。各作品の最新描き下ろしイラストに、3作品の主人公をシャッフルした「この本だけの」描き下ろし口絵あり。
そのうえ、各イラストに由良氏のコメントありで、内容充実の1冊です!
Recommend
永久保存版 完全ボーイズラブゲームガイド
永久保存版 完全ボーイズラブゲームガイド (JUGEMレビュー »)

1999年の開発開始から、ボーイズラブ(BL)ゲームのすべてを網羅したガイドブック。特に一世を風靡した人気作品はカラーページでクローズアップ! 表紙はBLゲーム原画家である由良&たたなかなの合作描き下ろし。また由良&たたなかな対談や淵井鏑、ゆりの菜櫻のインタビューも収録。
「BLゲームってどんなジャンル?」「BLゲームってどんなタイトルがあるの?」という初心者向けのカタログムック本です。BLに興味のある女性はもちろん、男性の方で「知りたい」という方にもオススメ! ただし肌色多めなので、要注意。
Recommend
TALES いのまたむつみ画集
TALES いのまたむつみ画集 (JUGEMレビュー »)
いのまたむつみ
RPGとして不動の人気を保つ『テイルズ・オブ・デスティニー』『テイルズ・オブ・エターニア』『テイルズ・オブ・デスティニー2』のキャラクターデザインを務めたいのまたむつみの『テイルズ』イラストを網羅。見逃したイラストもきっとココにあるはず! キャラクター造型やイラストの描き方について、コメントやインタビューもバッチリ収録。紙や印刷にもこだわってます。時間をかけただけのクオリティを堪能してください。
Recommend
WOLF'S RAIN SEEKING
WOLF'S RAIN SEEKING "RAKUEN" 川元利浩画集 (JUGEMレビュー »)
川元 利浩
アニメ『WOLF'S RAIN』のキャラクターデザインを務めた川元利浩の初画集。カジュアル、レトロ、ヴェネチアンマスカレード、ネイティヴアメリカンと、さまざまなモードジャンルから組み立てられたキャラクターたち。もちろん、オオカミの造形も要チェック! 川元ファン必携の1冊!
Recommend
艶−中嶋敦子STYLE−
艶−中嶋敦子STYLE− (JUGEMレビュー »)
中嶋 敦子
「艶のあるキャラクター」といえば、今、注目の中嶋敦子! 『逮捕しちゃうぞ』『GetBackers -奪還屋-』ほか、『PEACE MAKER鐵』『王ドロボウJING』など、思わず目も心も奪われる美麗イラストが満載! インタビューや各イラストへのコメントから、そのスタイルを探る!
Recommend
指先にくちづけて―パラケルスス・パラミールム
指先にくちづけて―パラケルスス・パラミールム (JUGEMレビュー »)
伊藤 智砂
16世紀に実在した、稀代の錬金術師にして医学の革命児、パラケルスス(テオフラストゥス・ホーエンハイム)をモデルにした「BL(ボーイズラブ)小説」です。
パラケルススと、彼が作り出した小さなホムンクルス「ヘルメス」は流浪の旅を続ける相棒同士。スイスのバーゼルに立ち寄った彼らは、町の有力者にして出版王フロベニウスに出会います、そのときから、なんだか二人の関係がおかしくなってきて……。
異端視され、火炙りの危険にさらされながらも、ヘルメスを手放せないパラケルスス。そんなパラケルススを守りたいと思うヘルメスは、パラケルススの危機に絶体絶命の手段を取ります。
史実をご存知の方には、パラケルススの「ヘルメス信仰」ってそういうこと? と思っちゃえるかもしれません(笑)。
※ BL的な表現や描写がありますので、苦手な方はご遠慮ください。
Recommend
TVアニメーション鋼の錬金術師コンプリートストーリーサイド
TVアニメーション鋼の錬金術師コンプリートストーリーサイド (JUGEMレビュー »)
スクウェアエニックス
『鋼の錬金術師』アニメ全話を徹底解説! まさにコンプリートな1冊です。特にアニメの『鋼』世界の設定を考察した「『鋼の錬金術師』徹底研究レポート」は、ファン必読です。
Recommend
TVアニメーション 鋼の錬金術師 キャラコレ
TVアニメーション 鋼の錬金術師 キャラコレ (JUGEMレビュー »)
スクウェア・エニックス
アニメ版『鋼の錬金術師』に登場する80余名のキャラクターを一挙にご紹介。各キャラの名セリフや特別な人間関係などを、アニメのシーンもいっしょにピックアップしています。
「このキャラってどういう人物だっけ?」と思ったときに、手軽にチェックできる1冊です。
Recommend
魔探偵ロキRAGNAROK PERFECT GUIDEBOO
魔探偵ロキRAGNAROK PERFECT GUIDEBOO (JUGEMレビュー »)
木下 さくら
『魔探偵ロキ』『魔探偵ロキ RAGNAROK』の世界をキャラクターの魅力分析やストーリーダイジェストで完全ガイド。作品に対するこだわり部分やカラー画集にリンクしたイラストコメントなど、「作者の声」がたっぷりつまった1冊! 描き下しイラストに、学生になっちゃった『ロキ』メンバーのコミック、アニメ版スタッフや声優のコメントもありの「ぎっしり」ガイドブックです。
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Sponsored Links

 レンタル掲示板,レンタル日記,レンタルブログ「大宇宙」