MY FAVORITE & RECOMMENDATION

映画、コミック、本から、お薦めものをピックアップ!

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# 幻月の光が結び合わせたふたり……『幻月楼奇譚』

 「Chara」2009年2月号(徳間書店刊)を購入しました。約1年に一度掲載される、今市子の『幻月楼奇譚』のためです。今のところ、単行本化を待ちきれず、雑誌を買ってしまうほどにのめり込んでいる作品はマンガも小説もないのですが、『幻月楼奇譚』は特別です。コミックにまとめられるのは何年先かという状態ですから orz。
 ある書評サイトで、この作品のほぼ年一連載について。「今市子は自分のなかの時間の流れを早くしてください!」と書かれていましたが、まったくそのとおりと言いたいです。

 昭和初期に近いいつかの時代を舞台にした、このシリーズの主人公は男性ふたり。
 江戸時代から続く高級味噌屋の若旦那、鶴来升一郎は世事に疎く、言動がどこか素っ頓狂。上背のある美男子で、容姿に惹かれる女性は数多。絵画、工作、歌舞音曲など、なにをやらせてもそこそここなすが、こなせるがために何事にも情熱がもてない。亡父の跡を継いで鶴来屋の主人となるものの、商売にも熱心になれない。
 コミック第1巻に収録のシリーズ初期作では、そんな升一郎が実はなかなか食えない性格をしており、それに吉原遊郭の幇間(ほうかん/たいこもち)の与三郎が振り舞わされるというお話でしたが……。「与三郎(切られの与三)」というあだ名の由来となった身体中の刀傷の因縁話が描かれたあたりから、与三郎のキャラクターがぐっと立ってきました。

 「お前に味噌屋の主人なぞ務まるもんか」と父親に笑われたことが心に刺さり、「やりたいことがなにもない」と嘆息する升一郎。そんな彼が、「幻月」の光の導きか、初めて興味をもったのが、長唄・三味線がからっきしダメで、得意は怪談の語り聞かせという三流幇間の与三郎。過去に全身に刀刃を浴びて長く生死の境をさまよった彼は、今なお片足を冥府に突っ込んでいるのだとか。故に目に見えないものが見えるため、そこからネタを拾って、仕立てた怪談を“売り”にしています。

 言動が率直すぎて世間知らずに見える升一郎ですが、かなりの頭脳派。愛憎の修羅場をくぐり、吉原という苦界を泳ぎ渡ってきた与三郎も(主に悪知恵的な意味で)頭が切れます。すべてを語らずともツーカーで話が通じる(おかげで、読む側には脳内補完が必要なときが……(笑))ふたりが、人もかつて人であった者も訪なう吉原の茶屋「幻月楼」とその周辺で起こる不思議な事件に関わったり、解決したりしていきます。

 常に升一郎が一方的に与三郎に言い寄っている態ではありますが、話数を重ねるに連れて、与三郎も徐々に絆(ほだ)されてきたようす。まあ、其ノ一から幻月楼では「升一郎は与三郎の情夫(いろ)」と公認されていますけどね(笑)。

 さて、『幻月楼奇譚』其ノ十です。まずは「そうかあ。ようやく10話になったかあ」と感無量でした。そんな作品、ほかにはありません orz。
 これまで、升一郎の求愛行動は実を結ばないまでも、いいコンビネーションを見せてきたふたり。しかし、なんと別れたらしいというところから物語は始まります。
 同居する従弟で味噌職人の太郎の見合いに、なぜか熱心な升一郎。一方、与三郎は子どもを拾い、幻月楼の女将に下足番として預けます。一見、まったく関係がないこのふたつの事柄が一本の糸に縒り上がっていくさまは、おみごとさすがの今市子。相変わらず一回読んだだけではわからない部分があって、二度三度と読み重ねて「そういうことか」と得心する次第。今回は、殊になぜ「吉原百人斬り」こと『籠釣瓶花街酔醒(かごつるべさとのえいざめ)』が関わってくるのかの解釈に悩みました。

 いちばんの見どころは、与三郎が升一郎に啖呵を切る場面。其ノ七では升一郎を食いモノにしようとする彼の悪友にみごとな啖呵を切ってくれましたが、今度は升一郎に向かってですよ。幇間という商売柄に処世術も働いて、ヘラヘラするばかりで真意を見せない与三郎ですが、本気で怒ると、まとう空気がとたんに鋭利になります。その威力、押しの一手の升一郎が近づけなくなるほど(笑)。与三郎のほうが年上ですしね。
 さらに、眼鏡をはずしたら役者顔のご尊顔や、「なるほど。これは升一郎が見たがるはずだ」と納得の寝顔に寝乱れた姿も見せてくれます。
 其ノ七の「吸い付けたばこ」の件やこのたびの貸し座敷の件など、遊郭の流儀や挑発の流し方がわからない升一郎もかわいい。洗練されているのに野暮という抜けっぷりと、去る者追わずで鷹揚なわりに、与三郎にだけは執着する偏りが、升一郎の魅力でしょうか。

 一話完結の事件ものという体裁ですから、続けようと思えば、どこまでも続けられる作品です。気になるのはやはり、二歩進んで一歩下がるような升一郎と与三郎の関係がどうなっていくのか、ですね。今氏の作品は焦らして焦らして最終話でようやくカップル成立という話が多いので、さて升一郎の恋路に決着がつくのは何年先やら。
 そのときが早く見たいけれど、でも長く続いてほしい。次に読めるのは……やっぱり来年でしょうかね。

 コミックスは2巻まで発売中。1巻には其ノ一〜其ノ四、2巻には其ノ五〜其ノ八が収録されています。3巻は2年後かなあ(笑)。
 描写はキスまでですが、ボーイズラブ作品ではありますので、苦手な方はご注意ください。


JUGEMテーマ:漫画/アニメ
| comments(0) | trackbacks(0) | 07:24 | category: BL Comics |
# その描線に色気を感じる『はつこいの死霊』

ここから以下、10月30日のエントリ分は、ボーイズラブ(BL)なつぶやきです。苦手な方は他のエントリに飛んでくださいませ。



2005年2月に刊行しました『パラケルスス・パラミールム 指先にくちづけて』伊藤智砂(学習研究社/もえぎ文庫)の編集作業をして以来、商業BLもそこそこ読むようになりました。
とはいえ、どっぷりはまっている方に比べれば、「It's Elementary, My Dear Watson!」(このセリフ、コナン・ドイルの「正典」にはなくて、ホームズ映画で有名になったのですね)という段階ですが。その初歩の初歩な読書経験の中でも、来し方を眺めて気に入った作品をコミックス限定で上げてみます。

お気に入り第1弾!は、これ。『はつこいの死霊』草間さかえ(東京漫画社/マーブルコミック)。
定規を使わない独特の画面構成とパースの取り方が、まったくもって二次元の絵にしか見えないのに、三次元的奥行きを感じさる、独特の空間描写が好きです。とくに主人公たちの情事の舞台となるラブホ裏の洋館風共同住宅がいい感じなのですよv
そしてなにより、主人公ふたりが色っぽい! 甘さのないシャープな描線が男性の身体をきちんと象っていて、その骨ばった感じがまず萌えますv 考えてみれば、裕一にとっては「誤解で犬に噛まれた」ような状況なのですが、いつか彼がそれに気づいても、二人の関係はこのまま続いていくんじゃないかという、二人のしっくりとはまり合った関係がいいなあと思います。

片方が女性っぽい甘えを見せるのではなく、両方が男として立っている作品が好きです。女の甘え方と男の甘え方は違いますから、そのあたり、きちんと描かれていると「ええなあv」と目を細めてしまいます。
購入して以来、私の特別愛蔵書の棚に常にキープの1冊です。
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:57 | category: BL Comics |
# 面白うて、やがて愛しき……『未来の記憶』&『風の行方』

今市子の作品が好きな方なら、こちらの作品もけっこう好みに合うのではと思います。物語の中心にいるのは主人公たち二人だけど、たとえば職場の同僚とか、お互いの家族とかがしっかり絡んできて、二人の関係に波風を立てたり、進展させたりというのは、すごくリアルな感じがします。絡まり方が、所詮ギャグでも(笑)。

国枝氏は、男はどうしようもなく肉の誘惑に弱いけれど、その行為には間違いなく心が伴っていくのだ、ということを、描こうとされているような気がしてなりません。
本作の二人も、片方はストレート、片方はステディな関係はお断りという出会いだったのが、だんだん「彼でなければ」と思うようになってくる。その想いの深化には、間違いなく「抱き合ったときの快楽」が作用しているという、とても人間的で根源的な部分がナチュラルに描かれているところが好印象。
『未来の記憶』と『風の行方』で完結する、カタブツ教師とナンパ教師の恋物語。リブレから早く再出版されるといいのになあと思っています。

ちなみに国枝氏の『夏時間』『ため息の温度』『いつか雨が降るように』(竹書房/BAMBOO COMICS REIJIN selection)もけっこう気に入っています。1冊に収録された短編のシリアスからギャグまでの振り幅の大きさに、ストーリーテラーの才能を感じつつ、振り回されていますが(笑)。
でも私にとってのいちばんは、『未来の記憶』&『風の行方』ですね。
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:56 | category: BL Comics |
# きっとフェロモンが誘ってるv『hand which』

なにがこんなに好きと思わせるのかわからない、不思議な作品です。ストーリー的になにかしらの山や谷があるわけでもなく、主人公たちが自分の心の中でジタバタしている程度で、お話自体は淡々と語られる。エロいシーンがきっちり描かれていて、作品としては「Hがメイン!?」とも思えそうなのに、なぜかひどく後味の良さが後を引くのです。
読みながら「恋する気持ち」に感情移入してしまっているのか、それともキャラクターに色っぽさを感じているのか、自分でもよくわからないままに、何度も読み返してしまいます。

今月10日に発売予定のコミック『この世 異聞』(リブレ/ビーボーイコミックス)も、これだけを目当てに「マガジンBE×BOY」を買っていたくらい好きな作品です。こちらも、「セツさん、カッコいいvv 色っぽい〜vvv」と思いながらも、「好きなのは昭のほうだし」という、どこに好きポイントがあるんだかよくわからないままに、ドップリハマってしまいました。
雑誌で第1話以外網羅しているにもかかわらず、今、いちばん発売が楽しみなコミックですv
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:55 | category: BL Comics |
# 「完全」という哲学の追求『探偵青猫』

本日、第5巻を手に入れたばかり。大好きな鶯のエピソード「うぐいす」が収録されていたので、我が手に鶯を捕えた気分です(いや、彼は早乙女伯爵と猫さんのモノですけどもさ)。

本仁氏の作品を手に取って思うのは、「これは萌えでも、耽美でもない」ということ。萌えのように、本能にクるわけではない。耽美のように、物語に耽溺できるわけでもない。ではなにかと言えば、表現する言葉がなかったりします。

まずキャラクターがひじょうにクールなんですね。BL作品にありがちな「常識と本能の間で揺れる」とか、「愛する人の心がわからない懊悩」とかが、キャラクターの言動に露になることはまずありません。登場人物ひとりひとりが自分の役回りや分を心得ていて、そこから決して逸脱しないクールさを感じます。
個々のキャラクターは自身の役割や存在意義を自負していますが、キャラクターどうしは一層に横並びでいるのではなく、多層に点在しています。だから彼らは、他のキャラクターとの間合いを測り、自分への感情を探るために言葉を発します。自分の本音はできるだけ隠しつつ、相手のことを探ろうとする言葉は、理性的でエレガント。答える側もまた、本音を隠して、探るようなセリフを紡ぎ出します。結果的に、登場人物たちの会話は、ゲームのように緊張感を伴い、短歌の応酬のように理知的に完成されたものになります。

理性的に計算され、緻密に構築された世界と人間関係。破綻しない感情表現。音楽のような旋律をもつ会話。本仁氏の作品世界は、この方にしか描きえない哲学のようなものを秘めているなあと、読み返すたびに思います。作品が完成に至るまでの、痛いほど張りつめた緊迫感をも感じながら。……思い過ごしかもしれませんけれど。

で、ミキティの言動にキュンキュンvしてしまう『DOG STYLE』第2巻(リブレ/スーパービーボーイコミックス )も今月10日ごろ発売ですね。うん、私はミキティが好きなのですv 理解して、赦して、受け流して、でも我は強い。そんな男が好きなのかもしれません。


これらにプラス、以前にここのエントリに書きました『夢の子供』浜田翔子(朝日ソノラマ/ソノラマ漫画文庫)と、『幻月楼奇譚』今市子(徳間書店/キャラコミックス)、やはり今氏の『楽園まであともうちょっと』(芳文社/花音コミックス)ほか一連のBLもの、『是-ZE-』志水ゆき(新書館/ディアプラスコミックス)、『暗夜』篠原烏童(徳間書店/キャラコミックス)ほか香港ロマン・ノワールシリーズ(これは一般的なBLではないかもしれませんが)が、今のところの私の一押しBLです。
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:53 | category: BL Comics |
# 『幻月楼奇譚』 今市子

 『幻月楼奇譚』は、「かぎりなく昭和初期に近いある時代」のお話。
 東京の老舗の味噌屋・鶴亀味噌では、主人が酔っぱらっての帰宅途中に石段から落ちて急死。その通夜の真っ最中に、棺桶に安置されていたはずの主人の死体が廊下に出現し、上を下への大騒ぎ。鶴亀味噌の跡継ぎである鶴来升一郎は、棺桶に手をかけていた怪しい人物に遭遇しますが、問いつめようとしたとたん、死体が廊下に出現する騒ぎが起こり、取り逃がしてしまいます。不審人物の手がかりは、つかまえようとしてつかんだ袖が破れて、そこから露出した刀傷のある肩だけ。

 それからも屋敷内で主人の幽霊が目撃されたり、仏壇が荒らされたりと不審事が続き、「鶴来家は祟られている」「鶴亀味噌は左前」の噂がたつ始末。そのうえ升一郎も、石段で突き飛ばされたり、人の背丈ほどもある味噌樽が転がってきたり、命を狙われているらしき状況。

 そんなおり、吉原の茶屋・幻月楼に出向いた升一郎は、芸者を呼んでの座敷でひとりの幇間(ほうかん/たいこもち)に出会います。幇間とは三味線や長唄、噺などで座敷を盛り上げる男芸者のこと。また、客と花魁の仲を取り持つのも幇間の仕事です。
 偶然、与三郎と呼ばれる幇間の腕に刀傷を見てしまった升一郎は、その夜の相手に彼を指名。与三郎の身体中に散った刀傷のひとつが、通夜の夜、父親の棺桶を荒らしていた人物の肩にあった傷と同じであることを確認します。

 すったもんだとありまして、幽霊事件は幽霊の仕業ではなく、ところが別件が幽霊がらみだったりして、の鶴来家騒動も一段落。その後、ウソかホントか与三郎に執心し、幻月楼に通う升一郎の姿がありました。

 さて、鶴来升一郎は男前で、絵でも踊りでもなんでもそこそここなせる器用ぶり。ただそこに情熱がないのが器用貧乏といわれる所以。その彼がようやく執着するものができたと思いきや、それは幇間の与三郎だったりして。
 その与三郎。芸名は別に持ちながら、身体中にある刀傷から「『源氏店』の切られの与三」にちなんで与三郎と呼ばれる次第。三味線もダメ、踊りも長唄もダメ。唯一の特技が怪談噺。夏は好まれ、冬には嫌われる、あまり座敷の声もかからない、訳ありの優男。さても彼の語る怪談は、実は彼自身が「見ている世界」なのだとか、なんだとか。今はもっぱら、升一郎の熱烈アタックをどうかわすかに、芸が磨かれつつあるところ。
 そして幻月楼と女将・蝶子は、この世に凝った念をあの世に送りだす、「境の住人」だったりするのかも……。

 升一郎と与三郎が関わった、この世とあの世が不思議に交わる事件を4話収録。和服と洋服の交差も色っぽい逸品ですv


JUGEMテーマ:漫画/アニメ
| comments(0) | trackbacks(0) | 01:13 | category: BL Comics |
# 『夢の子供』コミック文庫全4巻 浜田翔子

 帯に書かれた「ボーイズ・ラブ系の名作 待望の文庫化!!」が、そのとおりとうなずけてしまいます。浜田翔子の『夢の子供』が朝日ソノラマから文庫版全4巻で刊行されました。
 『夢の子供』は元々、青磁ビブロス(現・ビブロス)のビーボーイコミックスから全6巻で刊行されました。1巻が発行されたのが1995年3月、最終巻6巻が発行されたのが2001年10月。雑誌「Patsy」(懐かしい)に連載第1回目が掲載されたのが1991年11月号ですから、連載自体は10年ごしという大長編だったりします。とはいえ、その間2年間は休筆していらしたようですが。

 私がこの作品に出会ったのは、単行本2巻が出たあたり。1巻、2巻を買って、3巻が出たので買って、それからしばらく見なくなったと思います。忘れたころに『夢の子供 番外編』が出て、そのあたりで離れてしまいました。そのころにはアニメやマンガから遠く離れたフィールドで仕事をしていましたし、趣味でボーイズラブ作品に浸るにはちょっと「年甲斐もないな」という気がしていましたので(笑)。
 それでも、妙に忘れられなかったのが、蓮と洋治の行く末でした。続刊が書店の本棚に並んでいるのを見るたび、「買おうかな、どうしようかな」と迷っていました。でもビーボーイ系のコミックスってなんとなく買いにくかったんですよ。値段が高くて(笑)。
 そんな私の心を読んだかのような(わけない)、この度の文庫化! それも朝日ソノラマからですよ!! びっくりだ(笑)。もちろん、朝日ソノラマの雑誌「ネムキ」で浜田氏が連載をもっているということが関係しているのでしょうが。

 高校生の高梨洋治は、小説家・岬れなの大ファン。中学生のころに読んだ処女作の『夢の子供』に影響を受けて、自分も将来、小説家になりたいと思っています。新刊を楽しみにしているにもかかわらず、岬れなは小説を3冊発表したきり、なぜか沈黙したまま。そして年月が過ぎました。
 両親は岩手在住、姉の扇子と二人でマンション住まいの洋治は、ある日突然、扇子のニューヨーク転勤に伴い、扇子の友人・昭島蓮の元に預けられます。ところがこの人物、性格は排他的、口を開けばきつい言葉が飛び出し、生活はだらしないの三重苦。徹底して洋治を子ども扱いする蓮に、一時は家出を敢行するほど洋治は傷つきます。

 生活能力の乏しい蓮に代わって家事を引き受けることで、蓮との同居における自分の位置を確保した(蓮を餌付けした)洋治。平穏に過ぎる日々の中、フリーライターである蓮の書いた記事や、隠すようにしまわれていたフロッピーから、洋治はあるとんでもない疑惑を抱えてしまいます。昭島蓮と岬れなは同一人物!? どこか危うく脆い感じのする蓮に惹かれつつあった洋治は、いっそう蓮から目が離せなくなるのでした。
 そんなおり、蓮に言い寄る男が現れます。映画会社に勤める広瀬卓也は、なんと蓮の大学時代の恋人!? そのうえ、過去に扇子を泣かせた「ひどい男」!? 妻子がいるのに、蓮に追い迫る広瀬の真意は? 広瀬と再会してからどんどん調子を崩していく蓮を見かねて、洋治はなんとかしようと考えます。
 洒脱なカメラマン・安達崇も現れて、すっかり蓮を好きになってしまった洋治には、やきもきする場面がいっぱい。広瀬のこと、安達のこと、いつまでも自分を子ども扱いする蓮のこと、そして小説を書かなくなった岬れなのこと……洋治の前にはクリアすべき問題や障害がいっぱい!

 けれど、その問題や障害は、いつしか蓮の手によって次々と結着がつけられていきます。その姿に「剛(つよ)くて、しなやかで、綺麗だ」と、「人間としても、作家としてもかなわない」と感嘆する洋治。しかし、蓮に先へ進むことをさせたのは、洋治の一途な思いでした。
 ついに人生における自分の居場所を得た洋治は、胸のうちに密かに影を落としていた、自分の過去と向き合う決心をします。


 通して読めば、とても正統なメロドラマです。蓮なり洋治なりが女性だったら、なんの問題もなく「月9ドラマ」にもなったでしょう。でも、蓮がああいう男で、洋治がこういう少年で、そして男同士の恋愛という要素こそが、この物語に深みを与えているのだろうなあと思います。
 最初は引っ越しに引っ越しを重ねて広瀬から逃げるばかりで、自家中毒まで起こしかねなかった蓮が、実に鮮やかに強かに広瀬にカウンターアタックを与えるところ。蓮自身が「確かに洋治は必死でした。俺の背中を押してみたり、腕をひっぱってみたり…。多少やり方と方向が間違っていたとしても、全く効果がなかったわけじゃない」と認めるように、蓮に力を与えたのは、洋治の一所懸命な気持ち。けれど、「でも…結局、一歩を踏みだすのは俺自身の力なんです」と言い切る蓮。
 洋治の存在もすごいんですが、文庫版4巻を通じて、蓮の脱皮っぷりに目を見張る作品でもあります。なにせ旧巻で 3巻まで読んでいた私が、文庫版を読んで目がまん丸になったくらいだ(笑)。
 ボーイズラブの同人誌発行に青春を燃やす、洋治の彼女・早坂ひろみや、味のある同級生であり、洋治専属の相談役とも呼ばれる酒井久志など、洋治側の登場人物もなかなか癖があって、飽きません。
 ベッドシーンもしっかり描かれているのですが、きれいな感じで私は好きです。
 ボーイズラブに忌避感のない方には、ぜひ一度読んでいただきたい「名作」です。


JUGEMテーマ:漫画/アニメ
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:30 | category: BL Comics |
紹介作品の詳細は……
blog内の「画像」あるいは「作品タイトル」をクリックすると、Amazon.co.jpの作品紹介ページに飛びます。
Search this site
Categories
Profile
Recommend
煌 中嶋敦子画集
煌 中嶋敦子画集 (JUGEMレビュー »)
中嶋 敦子
目の覚めるような煌めきの世界が、この一冊に! 『艶』と同じくイラスト一点一点に中嶋氏のコメントつき。『トリニティ・ブラッド』『プリンセス・プリンセス』『逮捕しちゃうぞ』の3作品については、アニメ制作に携わられていたときのエピソードを含めたインタビュー記事も収録。ベテランアニメーターの、作品やキャラクターへのあふれる愛を感じてください。
Recommend
カズキヨネ画集 -斬華-
カズキヨネ画集 -斬華- (JUGEMレビュー »)
カズキ ヨネ
アイディアファクトリー制作の乙女ゲーム『緋色の欠片』『翡翠の雫 緋色の欠片2』などのキャラクターデザイナーであり、イラストレーターでもある、カズキヨネの初画集。華麗で、「萌え」のつまったイラストの一点一点をご堪能ください! 「狐祭り」、最高!! カズキ氏のイラストに対するコメントや、画業についてのインタビューも、ぜひ読んでくださいね。
Recommend
由良 ARTWORKS -LIGHT SIDE-
由良 ARTWORKS -LIGHT SIDE- (JUGEMレビュー »)
由良
『由良ARTWORKS -DARK SIDE-』の下巻。『DARK SIDE』はボーイズラブゲームでまとめましたが、『LIGHT SIDE』は乙女ゲーム『乙女的恋革命★ラブレボ!!』のイラストから男性向け美少女ゲーム、最近のボーイズラブ作品を少々、そして“幻の企画”まで、由良氏がさまざまなジャンルで描かれてきたイラストを網羅。もちろん、コメント付きです! さらに携わられたゲームについて、作品ごとにインタビュー。10時間インタビューの成果や、如何に!? それは本書でご確認ください。
描き下ろしイラストのステキな箱には、『DARK SIDE』『LIGHT SIDE』両方が収納できますv
Recommend
由良 ARTWORKS -DARK SIDE-
由良 ARTWORKS -DARK SIDE- (JUGEMレビュー »)
由良
『冤罪』『帝国千戦記』『絶対服従命令』などのボーイズラブゲーム、およびダイエット乙女ゲーム『乙女的恋革命★ラブレボ!!』のキャラクターデザイナー・原画家で知られる由良氏の初画集です。12月に発行予定の「LIGHT SIDE」と2分冊の上巻。
「DARK SIDE」は『冤罪』『帝国千戦記』『絶対服従命令』の厳選イラストを収録。各作品の最新描き下ろしイラストに、3作品の主人公をシャッフルした「この本だけの」描き下ろし口絵あり。
そのうえ、各イラストに由良氏のコメントありで、内容充実の1冊です!
Recommend
永久保存版 完全ボーイズラブゲームガイド
永久保存版 完全ボーイズラブゲームガイド (JUGEMレビュー »)

1999年の開発開始から、ボーイズラブ(BL)ゲームのすべてを網羅したガイドブック。特に一世を風靡した人気作品はカラーページでクローズアップ! 表紙はBLゲーム原画家である由良&たたなかなの合作描き下ろし。また由良&たたなかな対談や淵井鏑、ゆりの菜櫻のインタビューも収録。
「BLゲームってどんなジャンル?」「BLゲームってどんなタイトルがあるの?」という初心者向けのカタログムック本です。BLに興味のある女性はもちろん、男性の方で「知りたい」という方にもオススメ! ただし肌色多めなので、要注意。
Recommend
TALES いのまたむつみ画集
TALES いのまたむつみ画集 (JUGEMレビュー »)
いのまたむつみ
RPGとして不動の人気を保つ『テイルズ・オブ・デスティニー』『テイルズ・オブ・エターニア』『テイルズ・オブ・デスティニー2』のキャラクターデザインを務めたいのまたむつみの『テイルズ』イラストを網羅。見逃したイラストもきっとココにあるはず! キャラクター造型やイラストの描き方について、コメントやインタビューもバッチリ収録。紙や印刷にもこだわってます。時間をかけただけのクオリティを堪能してください。
Recommend
WOLF'S RAIN SEEKING
WOLF'S RAIN SEEKING "RAKUEN" 川元利浩画集 (JUGEMレビュー »)
川元 利浩
アニメ『WOLF'S RAIN』のキャラクターデザインを務めた川元利浩の初画集。カジュアル、レトロ、ヴェネチアンマスカレード、ネイティヴアメリカンと、さまざまなモードジャンルから組み立てられたキャラクターたち。もちろん、オオカミの造形も要チェック! 川元ファン必携の1冊!
Recommend
艶−中嶋敦子STYLE−
艶−中嶋敦子STYLE− (JUGEMレビュー »)
中嶋 敦子
「艶のあるキャラクター」といえば、今、注目の中嶋敦子! 『逮捕しちゃうぞ』『GetBackers -奪還屋-』ほか、『PEACE MAKER鐵』『王ドロボウJING』など、思わず目も心も奪われる美麗イラストが満載! インタビューや各イラストへのコメントから、そのスタイルを探る!
Recommend
指先にくちづけて―パラケルスス・パラミールム
指先にくちづけて―パラケルスス・パラミールム (JUGEMレビュー »)
伊藤 智砂
16世紀に実在した、稀代の錬金術師にして医学の革命児、パラケルスス(テオフラストゥス・ホーエンハイム)をモデルにした「BL(ボーイズラブ)小説」です。
パラケルススと、彼が作り出した小さなホムンクルス「ヘルメス」は流浪の旅を続ける相棒同士。スイスのバーゼルに立ち寄った彼らは、町の有力者にして出版王フロベニウスに出会います、そのときから、なんだか二人の関係がおかしくなってきて……。
異端視され、火炙りの危険にさらされながらも、ヘルメスを手放せないパラケルスス。そんなパラケルススを守りたいと思うヘルメスは、パラケルススの危機に絶体絶命の手段を取ります。
史実をご存知の方には、パラケルススの「ヘルメス信仰」ってそういうこと? と思っちゃえるかもしれません(笑)。
※ BL的な表現や描写がありますので、苦手な方はご遠慮ください。
Recommend
TVアニメーション鋼の錬金術師コンプリートストーリーサイド
TVアニメーション鋼の錬金術師コンプリートストーリーサイド (JUGEMレビュー »)
スクウェアエニックス
『鋼の錬金術師』アニメ全話を徹底解説! まさにコンプリートな1冊です。特にアニメの『鋼』世界の設定を考察した「『鋼の錬金術師』徹底研究レポート」は、ファン必読です。
Recommend
TVアニメーション 鋼の錬金術師 キャラコレ
TVアニメーション 鋼の錬金術師 キャラコレ (JUGEMレビュー »)
スクウェア・エニックス
アニメ版『鋼の錬金術師』に登場する80余名のキャラクターを一挙にご紹介。各キャラの名セリフや特別な人間関係などを、アニメのシーンもいっしょにピックアップしています。
「このキャラってどういう人物だっけ?」と思ったときに、手軽にチェックできる1冊です。
Recommend
魔探偵ロキRAGNAROK PERFECT GUIDEBOO
魔探偵ロキRAGNAROK PERFECT GUIDEBOO (JUGEMレビュー »)
木下 さくら
『魔探偵ロキ』『魔探偵ロキ RAGNAROK』の世界をキャラクターの魅力分析やストーリーダイジェストで完全ガイド。作品に対するこだわり部分やカラー画集にリンクしたイラストコメントなど、「作者の声」がたっぷりつまった1冊! 描き下しイラストに、学生になっちゃった『ロキ』メンバーのコミック、アニメ版スタッフや声優のコメントもありの「ぎっしり」ガイドブックです。
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Sponsored Links

 レンタル掲示板,レンタル日記,レンタルブログ「大宇宙」